ウェブと呼ばれる不織布の働きにより、降雨、融雪、凍上等による侵食を防止するとともに濁水を出しません。
亀甲金網で固定しますので、法面の凸凹に馴染みやすく、小落石及び凍土、積雪、融雪に対して法面保護効果があります。
ウェブのマルチリング作用により斜面の土粒子の移動を止めますので、外来植物による急速緑化を必要としません。
在来植物(木本植物)を主体とした種子設計ができますので、自然な景観を早期に復元します。
工場で生産された規格品であり、品質の安定と工期の短縮ができ、現場での施工、品質管理が簡単です。
亀甲金網の補強効果により、獣害から法面を保護します。
SP-45wn 植生基材吹き付け工法
 

施工前

施工直後

MF-45R-5wn
 

施工前

施工後約11ヶ月

カタログダウンロード

亀甲金網装着型

wnタイプ

亀甲金網の補強効果で、急傾斜地・寒冷地でも安定した緑化が可能。獣害対策にも効果を発揮します。
 
製品カタログ.pdf